介護 資格なしTOP > 介護の資格を取得する

喀痰吸引等研修の登録研修機関とは

喀痰吸引等研修の登録研修機関について 喀痰吸引等研修を受ける為には登録研修機関と呼ばれる所に連絡を入れなくてはいけません。 登録研修機関とは喀痰吸引といった特別な処置を行う許可を得ている所を指す言葉であり、このような施設でしか研修は開催していないのです。 第1号から3号までの講座がありますが機関によってどこまでの指導を行っているのか違いがありますので、前もって確認しておきましょう。 喀痰吸・・・

介護職員基礎研修を受けるには

介護職員基礎研修を受ける方法について 介護職員基礎研修の資格を取得する為には講座に参加し、そちらの方で勉強し続けるのが基本となります。 こうした講座では介護に必要となる知識と技術の両方を学べるようになっており、自身のスキルアップも目指せるので受けておいて損することはありません。 また講座では資格を取得出来た方を対象として就職支援も行っていますから、こうしたサービスを利用することでどのような職・・・

介護のサービス提供責任者という資格

介護のサービス提供責任者になる為には 介護の収入を上げたい時はサービス提供責任者になれる資格を取得するのが基本です。 サービス提供責任者になれる資格は実務者研修・3年以上の実務経験がある介護職員初任者研修・社会福祉士となっていますから、将来のことを考慮する際にはこれらのうちのいずれかを取得するのが良いです。 中でも実務者研修は取得することで即サービス提供責任者になれる可能性がありますし、国家・・・

介護職員初任者研修は中卒でも可能か

介護職員初任者研修は中卒でも取得可能 介護職員初任者研修はヘルパー2級と呼ばれていた資格であり、取得するのに年齢などの条件は影響しませんし、学歴も要求されないので中卒の方でも安心して働く準備を整えられます。 介護職員初任者研修の資格を得たい時は専門講座に参加し、そこで勉強を始めることが基本となります。 専門講座では必要な知識と応用まで全てを教えてくれるようになっており、テスト対策・・・

ヘルパー2級の資格取得方法

ヘルパー2級の資格取得法について ヘルパー2級の資格を取得する基本的な方法は講座に参加することです。 講座に参加すると勉強する為に必要な教科書全てが送られるようになっており、テスト対策の為の指導も受けられる為、毎日地道に学び続けることで基礎的な知識全てを習得していけます。 また実技の為に学校に通うといったこともありますから、実際に現場でスキルを習得することも可能です。 基礎的な知識と技能の・・・

実務者研修の金額

実務者研修の金額について 実務者研修に参加する為に必要な金額は平均で150000円程度となっていますから、安い費用で本格的に学べるのです。 喀痰吸引といった実技に関しても学べる演習が組み込まれることになるのですが、その際にも費用が高くなることはありませんから安心して勉強を始められます。 より細かく費用に関して調べたい時は講座側に連絡を入れて資料請求を行って下さい。 資料請求は無料となってい・・・

はじめての介護資格

介護を行なうには必ずしも資格がなければいけないということはありません。 しかし、介護職に就くにあたり、資格を持っているということで採用率があがります。 また、職場を変わる際に、資格というのは非常に有利になるのです。 はじめての介護資格として多くの人が取得するのが、ホームヘルパー2級です。 ホームヘルパー3級もあり、はじめての介護資格としては受講時間も50時間と短く取得しやすかったのですが、・・・

介護資格例題

介護資格の中で、現段階で試験が行なわれているのは国家資格である介護福祉士です。 この他にも、介護資格となるものは色々とありますが、受講するだけで資格が取得できるものも多いこと、介護資格の中でも今後ニーズが最も高まるのが介護福祉士と言われていることから、介護福祉士の試験を例題としてみていきましょう。 介護福祉士の試験では、行なわれる年によって異なりますが、11の科目と総合問題が出題されます。・・・

介護資格 講習

現在、高齢化社会を向かえ、年々介護に対するニーズが高まっています。 さらに、今後、後期高齢化社会になれば、さらに介護の重要性も高まり、介護の仕事をするうえで介護資格が重要視されていくと考えられます。 そのため、現在介護職に無資格で就いている人も、これから介護職に就こうと考えている人も介護資格は取得しておくべきといえるのではないでしょうか。 介護資格の基本となるのが、ホームヘルパー2級・1級、・・・

介護 資格 種類

現在、日本は高齢化社会となっていますが、今後もさらに高齢者の数は増えるだろうといわれています。 65歳以上の高齢者の数もそうですが、今後は75歳以上の後期高齢者といわれる人達の数も増加する見込みです。 そうなると、介護というのは必ず重要視されるようになります。 また、介護に対する要望も多様化し、更なる質の向上なども望まれていくようになるでしょう。 これまで、介護の仕事は、施設や病院で職員と・・・


PAGE TOP