介護 資格なしTOP > 無資格の介護士の方へ > 仕事の合間に学べる!介護士試験対策に役立つアプリ 6選

仕事の合間に学べる!介護士試験対策に役立つアプリ 6選について解説

LINEで送る

アプリを活用して介護士の勉強を効率的に!

心身ともにハードな介護の仕事をしながら介護士を目指す皆さんには、いつでもどこでも学べる利点のある、スマートフォンアプリの活用がおすすめです。

ダウンロードするだけですぐに使えるスマートフォンアプリの参考書や問題集は、ただでさえ荷物の多い介護職の皆さんにとても適した学習ツールと言えるでしょう。

今回は、問題の質や使いやすさで定評のある介護士用アプリをご紹介しますので、ぜひ試験勉強に役立ててみてください。

 

一問一答 「介護福祉士 2016年版」問題集

通信教育で有名なユーキャンの「これだけ!一問一答集」という問題集が、便利なスマートフォンアプリになりました。

○×で答えるシンプルな問題集となっているため、職場の休憩時間を利用して気軽に実力チェックができます。

また横断的に重要項目を学べる「重要ポイントまとめてcheck!」も用意されていますので、暗記カード感覚で利用することもできそうです。

介護福祉士 2016年版」
https://itunes.apple.com/jp/app/id1011705042

 

介護福祉士国試800問

第20回~第27回までの介護福祉士国家試験問題から学べる、便利な過去問アプリです。

ランダム、カテゴリ別、誤答問題というさまざまな出題方法が用意されているため、自分にスタイルに合った使い方ができます。

またテストの履歴も管理できるため、介護問題の習得状況をチェックするにも、便利なツールになることでしょう。

介護福祉士国試800問
https://itunes.apple.com/jp/app/jie-hu-fu-zhi-shi-guo-shi800wen/id627270771?mt=8

 

介護福祉士 一問一答+模擬問題2016

介護書籍の専門出版社として知られる中央法規の参考書が、便利なスマートフォンアプリになりました。

「実力をつける!得点力をあげる!」をテーマに収録された360問の模擬問題は、これまでの介護福祉士国家試験の傾向を徹底分析した内容です。

成績表機能にはアプリユーザ内のランキングなども付いていますので、同じ試験を目指す仲間と競い合う中で、良い形でのモチベーションが高まるアプリと言えそうです。

介護福祉士 一問一答+模擬問題2016
https://play.google.com/store/apps/details?id=fasteps.co.jp.chuohokikaifuku2016wb

 

【暗記パス】介護福祉士ワークブック+頻出問題2016

こちらも中央法規出版の問題集をスマートフォン用に収録した、便利な暗記カードアプリです。

直観的な操作を重視した設計となっているため、テンポよく暗記カードをめくりながら学習を勧められます。

またキーワード検索機能も充実していますので、介護用語を調べるための辞書として活用しても良いでしょう。

ブックマーク以外に「まだ覚えていない」というカテゴリ分けもできるため、紙の暗記カードを使うよりも遥かに効率の良い学習法が実現できると言えそうです。

介護福祉士ワークブック+頻出問題2016
https://itunes.apple.com/jp/app/jipasu-jie-hu-fu-zhi-shiwakubukku+pin/id1040054518?mt=8

 

介護福祉士ワークブック2016

介護福祉士用のワークブックを収録した、本格的な参考書アプリです。

出題実績や傾向と対策なども掲載されているため、書籍の参考書と同じように活用できます。

また自己学習に欠かせないマーカーや付箋、メモ機能なども付いていますので、自分の弱点を何度も学習することも可能と言えそうです。

介護福祉士ワークブック
https://itunes.apple.com/us/app/jie-hu-fu-zhi-shiwakubukku2016/id1027687906?l=ja&ls=1&mt=8

 

介護福祉士試験 medixtouch

年、回、分野、ブックマークというさまざまな角度から過去問に挑戦できる、人気の有料アプリです。

問題の理解度や各分野の正答率から苦手分野の克服が可能となるため、自己分析もしっかり行えます。

介護福祉士学習アプリの中では少し高めの720円となりますが、実際に使ってみると累計35万ダウンロードという理由も納得できることでしょう。

介護福祉士試験
https://itunes.apple.com/jp/app/jie-hu-fu-zhi-shi-shi-yan/id591645713?mt=8

 

まとめ

いつでもどこでも使えるスマートフォンアプリを活用すれば、多忙な介護職の皆さんでも、介護福祉士国家試験の対策ができそうです。

特に無料のスマートフォンアプリには、「お金をかけずに勉強ができる」という利点もありますので、学習コストを抑えるためにも、自分と相性の良いアプリを上手に活用してみてください。

人気ランキング

かいご畑

サムネイル

かいご畑は、介護や福祉に関する人材派遣や紹介サービス、資格取得講座を行なっているニッソーネットが運営する介護専門求人サイトです。

かいご畑の特徴といえば、やはり資格なし・未経験であっても就職をサポートしてくれる点にあります!
就業中でも、ニッソーネットが運営する介護教室で介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格が取得できます。
しかも、条件がそろえば、無料で介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格を取得可能ですよ。

キャリアアップのために転職したいと望んでいる場合でも、専属のキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれ、 希望に合う仕事を見つけてくれるので、既に資格を持った人からも喜ばれています。

介護専門ということもあり、希望に合う求人が見つけられると最も高い評価を受けている介護求人サイトです。

おすすめポイント

  • 資格なし・未経験であっても就職をサポート!
  • 資格を取得しながら働ける!
  • 無料で介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格を取得可能!

さらに『かいご畑』についてもっと詳しく解説!≫≫≫


カイゴジョブ

サムネイル

カイゴジョブは、会員数が26万人を突破した介護福祉を専門とした人気の求人サイトです。
ホームヘルパーや介護福祉士など、介護福祉に関した求人が多数掲載されています。
カイゴジョブでは、国内最大級の介護求人サイトなので自宅の求人も見つけやすいとされています。


介護求人ナビ

サムネイル

あの「カーといえばグー」というCMでお馴染みの自動車情報誌GOOや生活情報やスポーツ情報を提供している会社なのです。そんなプロトコーポレーションが運営する介護求人サイトの『介護求人ナビ』というのがあります。
また、介護求人ナビは、業界でもトップを誇る情報量で、 介護求人ナビの求人・評判をみると、そのほとんどが求人案件の数の多さに驚き、またそれだけ自分の希望にあった職種を選べるとして喜ばれています。


無資格の介護士の方へ

無資格の介護士の方へ、オススメの情報があります。今後、さらに高齢者に対するサービスの充実化が図られるようになり、無資格でもできる仕事が多くなってくることが予想されます。もちろん、持っているに越したことはありませんが、諸事情合って資格が取れない方もいらっしゃるはず。しっかりと無資格の介護士の方へ向けた求人情報サイトもありますので、しっかりと参考にされてみてください。

無資格なのにできる仕事

介護のサービスの場合、ホームヘルパー二級の資格を持っていないとできないサービスとそうでないサービスがあります。この資格がなくてもできるサービスについて、最近企業も求人を増やしているのです。サービスの質の担保のために、資格が必要としていたところもありますが、それよりも介護の人材不足が深刻化しているため、こういった無資格の求人が増えている、ということができます。

インターネットサイトでの情報

無資格の介護士の方へ向けた情報はインターネットでも多く見かけることができますが、地域のフリーペーパーなどでもたくさん求人が載っています。こういったいろいろな媒体の情報を見ることで、待遇のいいところも見つかりやすくなります。しっかりと検討してみてください。
詳細はこちら

無資格の介護求人

資格がないけど介護の仕事がしたい!そういった人にオススメしたいのが、無資格の介護求人です。資格がなくても介護の仕事ができるの?といった風に感じる人も居るかも知れませんが、実は色々な方法で働くことができます。もちろん違法性などもありませんし、しっかりとしたケアを提供できる職場です。こういった無資格の介護求人について考えてみましょう。

保険外のサービスについて

介護保険のサービスは、公的な年金を利用してサービス提供が行われています。しかし最近は、利用者のニーズにこたえる柔軟な自費プランといったものが誕生しているのです。これにより、簡単に資格がない人でも業務にあたることができます。保険適用内のサービスで無資格者がサービスを行うと指導が入る場合もありますが、全額自己負担の保険適用外のサービスの場合はそういったこともありません。

今後ますます増える介護の求人

無資格にしろ資格が必要なものにしろ、こういった介護の求人情報は今後もドンドン増えていくことが予想されます。子どもも大きくなって来たし、そろそろ働こうかな…と思っている人は自分の家事の能力を活かすことができる介護の仕事をして見るのはいかがでしょうか?
詳細はこちら

介護の資格を取得する

介護の職場で専門的に働きたい…そういった人にオススメなのが、介護の資格を取得する、といった方法です。介護の資格にもたくさんの種類があります。先ず初めに撮っておきたいのがホームヘルパー二級の資格、次にホームヘルパー一級、そして介護福祉士、ケアマネージャーと進んでいく人が多いようです。

簡単に取れるホームヘルパー二級講座

ホームヘルパー二級の資格は比較的簡単に取得することができます。こういったことを考えると、自分が持っている資格をしっかりと活かすためにも早めに資格取得をしたほうがいい、ということができます。ホームヘルパーの資格を持ち、その現場に入った日数を換算して介護福祉士の資格が取れるかどうかもかわってきます。介護の仕事をしようと考えている人は早めにとるようにしましょう。

介護福祉士からケアマネへ

介護の資格を取得する人のほとんどが、最終的にはケアマネを目指して業務を行っています。その為、先ずは介護福祉士の資格を取り、その後にケアマネを取る、といった人が多くなっているようです。こういった資格の取得のためには、しっかりと勉強をする必要があります。両方共に国家資格になりますので、対策が必要になります。
詳細はこちら



PAGE TOP